世界中の全てのモノを、検索可能にする

新たなインタフェースとして、AR(拡張現実)の世界と繋がり、
ユーザー自身によるクリエイティブな表現を現実空間で可能とする。